大学院による税理士試験の科目免除について

税理士になるには、税理士試験を合格することが必要ですが、大学院を利用することにより一部科目免除の制度が設けられています。

昔は、会計科目、税法科目ともすべて免除を受けることが可能だったのですが、現在では一部の科目しか認められていないようです。

詳細については私もよくわかりませんので省きますが、働きながら税理士試験をトライされている方でなかなか結果が出ない方は

こういう制度を利用してもいいと思います。

現在は専門学校の充実により時間のある人が圧倒的に有利な試験になっています。働きながら試験に合格することは本当に大変だろうと思います。

私個人の意見としては税理士の試験の合格の仕方なんて全く関係ないと思います。何の科目で合格しようと院免除であろうと

税理士としてスタートするのに何の不利益もありません。一番大事なのは合格して税理士としてどういう仕事をするかだと思いますので。

 

▲このページのトップに戻る